▼コンテンツ一覧
MENU

チェインスモーカーとヘビースモーカーの違い

チェインスモーカーとは?
チェインスモーカーは断続的ではなくて間断無くタバコを吸っている人の事です。同じような言葉でヘビースモーカーという言葉もありますが、これはたくさんタバコを吸うことをいうので、必然的にヘビースモーカーの条件にも合います

タバコへの依存度が高まるという意味で、ヘビースモーカーから更に発展してチェインスモーカーになるパターンが多いです。

「常には吸わないけど、吸うときは2、3本まとめて吸います。」っていうヘビースモーカーの場合はまた違ってくるかもしれませんが…

日本も最近では、禁煙席が増えてきているようですが、ニューヨークでは公の場でタバコが吸える場所はほとんどありません。 タバコを吸わない人にとっては、禁煙席だとすごく助かりますね。

タバコの煙を吸い込むと頭痛や嫌な思いをする人もいるので、禁煙席と喫煙席が近くにあったりすると、煙の匂いがして、迷惑なこともあります。

今では飛行機は全部禁煙になっていますからいいのですが、喫煙席があった頃は、喫煙席から煙が漂って来るのが嫌でした。

吸いだめという言葉もありますが、普通のタバコだと連続で吸うこともできますが、あまり意味はないでしょう。気持ちの問題です。最近はやりのアイコスだと連続では吸えないので良いかもしれません。

エリック・クラプトンはチェインスモーカーで有名でしたが、痰が絡むのが嫌で、禁煙したそうですが、その方法が、催眠術で禁煙したというので、面白いなと思いました。 あれだけタバコを吸っていた人がタバコをやめることが出来るなんて、すごいと思いました。
禁煙a8
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!