▼コンテンツ一覧
MENU

決意が固まったら禁煙宣言を家族や周囲にアピールしよう!

気持ちが固まったら、禁煙の決意を公表しましょう。禁煙を開始するには、家族や周囲の人々に禁煙宣言をするのも1つの方法です。

宣言をしてしまえばあとで吸いにくくなりますから。しかし禁煙が初めてではなく何度も宣言していた人は、今度はこっそり始めましょうか。1週間後に「じつは」というのもカッコいいかもしれません。そして家や職場の灰皿をかたづけましょう。捨てましょうか。生活習慣を吸うモードから吸わないモードに切りかえねばなりません。

まず、あきびんやペットボトルに昨日までの吸い殻を入れて、それに水を入れ、ふたをしめてください。吸い殻がなければ、タバコをほぐして入れてください。きちんとふたをするように注意してください。子どもの手の届かない所に置きましょう。

これは吸いたくなったときのお守りです。どうしても吸いたくなったときはふたをあけて中のにおいをかいでみてください。しばらくは吸いたくなくなります。もう一つお守りを用意します。あなたの禁煙宣言文を書いてください。「禁煙して○○をする」もよいでしょう。はっきりと目的を明確にすることが重要です。
紙に書いて目につく場所に貼っておいても効果的です!

禁煙宣言書
禁煙宣言書をダウンロードするダウンロード(ZIP、サイズ:10KB)


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!