▼コンテンツ一覧
MENU

嫌煙家の意見が尊重される飛行機で実際に喫煙便を提案してみた結果

嫌煙家や禁煙運動家の要求は、つい数年前まで「分煙」でしたが、年々ヒートアップしているようで、もはや公共機関内では全面禁煙が目標になっています。

嫌煙家や禁煙運動家の要求は、つい数年前まで「分煙」でしたが、年々ヒートアップしているようで、もはや公共機関内では全面禁煙が目標になっているらしく、嫌煙家にとって何の被害も及ぼさない方法を提案しても聞き入れないのです。その第一が、「喫煙便」の提案です。

飛行機は、むろん以前は、喫煙可でした。第一、飛行機というのは、人によっては怖い乗り物です。だから、煙草を吸ってその緊張を緩和する。コクピットでは搭乗員たちが煙でもうもうとなるほど吸っており、そうでもしなければ飛行機操縦の緊張に耐えられないからだといいますが、それなら乗客だって緊張しているのです。しかし1999年ころから、飛行機は国内・国際線を問わず全面禁煙になってしまいました。

だから、どうしても煙草の煙が嫌だという人を尊重したいなら、「喫煙便」を飛ばせばいいという発想を思いついたので実際に全日空に電話してみました。

ところが、「検討してみます」どころか、健康増進法がどうとか社会がどうとか言って、喫煙便を飛ばす予定はない、と言うのです。あげく、ホームページから意見として送ってくれ、と言われたので、全日空あてと、ついでに日航あて、喫煙便を飛ばしたらどうかという意見をメールで送りました。すると翌日、全日空から以下のような返事が来ました。(なおメールは横書きなので、適宜編集したが、基本的に原文のままである)。

平素より弊社便をご利用頂きましてありがとうございます。
この度は、全席喫煙可能な便の運航のご要望を頂きましたが、現在のところご希望に添う定期便を設定致す予定はなくご要望に沿えず恐縮に存じます。

弊社と致しましては、嫌煙家の方など特定の属性のお客様を除外した定期便を運航致しますことは、公共交通機関としての特性上、致しかねる次第でございますが、頂きましたご意見は愛煙家の方からのご意見として受け止めて参ります。

健康増進法が施行されるなど、喫煙を巡る社会通念が大きく変化しつつある中、愛煙家の皆様には引き続きご協力をお願い致すことも多くあろうかと存じますが、今後とも皆様に快適な空の旅をお届けできますよう…という内容が返ってきました。

結果はわかっていましたが、今の時代は禁煙が当たり前、常識となっていて喫煙者が我慢をするという構造ができあがっているということです。決して喫煙者が悪者というわけではないのでしょうが、そういう風に感じてしまっても仕方がない対応でした。
禁煙a8
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!