▼コンテンツ一覧
MENU

ライターの真実!ライターは喫煙者以外には必要がないもの

ライターはタバコに火をつけることとしてよく利用されています。非喫煙者にとってはほとんど日常生活で不要なものですが、いざ禁煙を始めると結構かさばるので邪魔な存在です。ここでは処分方法やライターの知識を紹介しています。

まず禁煙を決意すると、周りの環境から整えていく必要があります。特に灰皿やライターは普段の生活には不要ですが、ライターの処分はちょっと面倒ですよね。

色々なところで配られていたり、買ったりたくさんライターを持っている人もいると思います。しかも100円ライターが多いのではないでしょうか。

タバコは禁煙を決意した日に、処分しておかないと、禁煙をするのに、吸わなくても手元に置いておく必要はないですし、そもそも手元にあって吸わずにいられるなら、禁煙の必要すらないと思いますので、できる限り早めに処分する必要があります。でも案外捨てるのってめんどくさいですよね!

処分方法としては日の当たる所に置いとけば、ガスがあっというまに・・・(っていっても何日かはかかりますが)抜けますよ。そしたらあきらめがつきます。

その他にも職場の喫煙者に配ったり、喫煙ルームに置いたり、自動販売の横に置かせてもらうなどの方法もあります。
100円ライターなどは未練なく捨てられると思いますが、ジッポになると話は別です。貰い物であったり、値段が高価なものもあるので、必要なら保管しておいてもよいと思います。
禁煙a8


ライターに関する予備知識 ライターの発明
近代的なライターの開発は、1903年にカール・ヴェルスバッハが、高効率の火打石の合金を発明し特許を取得したことから盛んになった。1913年には、ロンソン社が現代のライターの原型を製造、販売を開始。1932年にはジッポ社が、安価で信頼性の高いオイルライターを市場に大量供給し始めた。
それ以前の一時期は火縄式のライターが広く使われました。
禁煙a8
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!