▼コンテンツ一覧
MENU

シチュエーションごとに喫煙を楽しむコツを紹介

それぞれのシチュエーションに応じて喫煙を楽しんでみましょう。その極意を紹介します。

クリスマスパーティのお作法
ツリーの飾りつけが終わったら、それを眺めて満足げに一服すること
たばこも事前購入しておくこと。灰皿は人数に合わせて複数準備する
みんなが主に食事をしている間はたばこは控えること
食後の一服も煙の行方に配慮すること。寒くても時々換気すること。


初詣でのお作法
元日0時00分、吸い初めに1年のマナーを誓うこと
携帯灰皿を出かける時は忘れずに。忘れた時は出かけずに
人ゴミでたばこを吸わないこと。玉砂利に埋めないこと。
おみくじの結果がよろしくなかったら、たばこを吸って気を取り直すこと。


面接でのお作法
控え室に灰皿があっても、やたらとくつろいで一服しないこと
面接時間ギリギリに駆け込まないこと。近くの喫茶店で一服できる時間をみておくこと
面接後、外に出たら空いてる場所で一服すること。自分の近い将来と煙の行方に想いをはせること


屋台でのお作法
底冷えする夜はお酒と会話であったまること。たばこは事前に購入しておく
屋台は街のアウトドアなので防寒すること。携帯灰皿も持っていく
肩のふれあう隣人には「たばこ吸ってもいいですか」と必ずおたずねすること
たばこの煙は、人やおでんに直接吹きかけないこと。
一服しながら、三つ星レストランにもない満天の星空を堪能すること


引っ越し
荷物を積み終えたら空っぽの部屋でセンチメンタルな一服をする
その際灰皿がないからといって、流し台を灰皿がわりにしないこと。携帯灰皿を携帯しておくこと
引っ越し屋さんを見送ったらとりあえず一服すること。これからの生活にわくわくすること


フランス料理
ランチでお店の偵察をしておくこと。たばこが吸えるお店かどうかも確認しておくこと。
ワイングラスをくるくる廻し、香を愉しむこと。その際はたばこの火を消すこと。
料理の合間の一服は、煙の行方に配慮すること。回りのテーブルに目を配ること。
一服をキメながら、デザートやチーズのように、甘くとろける言葉をつぶやくこと。


選挙
一服する時は、必ず群衆から離れることそれでもかつ煙の行方に配慮すること。
国民の権利を行使したら、外で一服すること。会場が体育館でも裏でコソコソ吸わないこと。
20歳以上の人間として、吸いがらは携帯灰皿にしっかり入れること


散髪
待ってる間、一服すること。灰皿がない店では喫煙できるかどうかおたずねすること
たばこを吸う際は、お店の人やお客さんたちと、じゅうぶん間合いをとること。
家では、右向いたり左向いたりして鏡を眺めること。新しい自分にご満悦の一服をすること。


釣り
まず自然に抱かれて一服すること。携帯灰皿は首にかけ、いかなる時も使える状態にしておくこと。
忍の一宇でアタリを待つこと。たばこを吸いながら、ゆるやかな時間を味わうこと。
その際、フィルター部はもちろん、灰も決して捨てないこと。
とれたてをおいしくいただくこと。締めの一服もじつにおいしくいただくこと。


キャンプ
ちっちゃなアウトドアグッズである携帯灰皿を決して忘れないこと。
くわえたばこで作業をしないこと。やることをやってから充実の一服を堪能すること
吸いがらはたき火にくくないこと。仲間うちでも風下で吸う配慮をみせること
起きたら目覚めの一服をすること。自分の中の朝もやをきれいさっぱり晴らすこと


スポーツジム
灰皿のない場所でたばこを吸わないこと。トレーニング前の一服で、精神を統一すること。
その際、力のかぎり煙の行方に配慮すること
くつろぎのひとときを大切にすること。ロビーでゆっくり一服すること。


モーターショー
疲れたら会場指定の喫煙所にピットインすること。水分等も補給すること。
たとえ喫煙場所であっても、煙の進行方向には充分配慮すること。
灰皿は灰皿でも展示車の灰皿で一服しようとしないこと。
なお東京モーターショーではJT特製大人の車スモーカーにも寄っていくこと


歯医者
痛みをこらえてまで一服するのはジェントルマンとは言えませんのでここは速やかに医院に向かうこと。
禁煙の待合室でももちろんたばこは吸わないことポスターでも見て日々の自分を反省すること。
痛みが消えたら渾身の一服をすること。たばこのうまさを心から噛みしめること。
どこであれ、その時ポイ捨てしないこと。完治するまでの治療の決意も途中で捨てないこと。


転職
ウソがばれたら、泣いてごまかさないことその会社は諦め、ゆっくり一服すること。


GW
せめて一晩、夜の仕事で妻を喜ばせること、そしておもむろに一服キメること。


出世
失脚したら、まあ一服でもしてオトナ、対処法を考えること。



電車を降りたら、構内のお店等で一服すること。朝から、余裕をのぞかせること。


海外旅行
来たからには、ホテルにこもらず異国惰緒と一服を満喫すること。


豆まき
変わりゆく家族の関係を受け入れつつ一服すること。


カラオケボックス
歌いながら、気取ってたばこを吸わないこと。マイクはスピーカーに近づけすぎないこと
場が温まってきたら幹事もひと息つくこと。曲の流れに身をまかせて一服すること
自分の番が来たら、慌てずたばこの火を消すこと。火をつけたままにして、ながい灰をつくらないこと。
なつかしのラブソングに、当時の恋を思い出すこと。涙目はたばこの煙のせいにすること


空港
免税品店でたばこを買っておくこと。機内の禁煙生活に備え喫煙所でたばこを吸っておくこと。
その際、煙の行方に配慮すること。搭乗ゲートがやけに遠いこともあるので、ダラダラ一服しないこと。
トイレの水はものすごい勢いで流れますが驚かないこと。ここで隠れてたばこを吸わないこと。
ついに異国に到着したら、お待ちかねの一服を堪能すること。その国のルールは絶対に守ること。


ボウリング
体をほぐしたら、一服をして心の中までほぐすこと。その際煙の行方に配慮すること。
待っている間の一服は、はめ込み式の灰皿に、もらさず灰を落とすこと。
くわえたばこでトイレに行ったり、飲み物を買いに行ったりしないこと。


送別会
店員さんに「たばこ買ってきて」と気安く頼まないこと。幹事は「パシリ」も兼務すること。
そして、おいしくたばこを吸う際は、何より煙の行方に配慮すること。
フィナーレの主賓のあいさつでは、全員改めて姿勢を正すこと。たばこの火はいったん消すこと。
店を出る際、歩きたばこをしないこと。げた箱の場合、カギをテーブルに忘れないこと。


教習所
マニュアルかオートマか、自宅で一服しつつ決めること。AT限定はダサいと決めつけないこと。
実技教習の前、喫煙スペースで余裕の一服をすること。精神状態をまずニュートラルにすること。
その際、スペース内であれ、充分周りを確認し煙の進行方向に配慮すること。


お見合い
当日は一服できる余裕をもって会場に行くこと。軽く下見をしておくこと。
「たばこ吸ってもよろしいでしょうか」と必ず聞くこと。煙の行方に配慮すること。
その際女性は、手慣れた仕種で火をつけてあげたりしないこと。
帰宅後、紹介者にお礼の電話を入れること。一服しつつ、こんどのデートプランを練ること。


スパ
喫煙所で一服しつつ、めぐり方に、思いをめぐらせること。その際煙の行方にも当然配慮すること。
湯あたりしないよう、時に一服タイムをはさむこと。移動は、ぬれたまましないこと
体重はビールをのむ前に計ること。その数値に気をよくして、一杯と一服を堪能すること。


鮨屋
一服を堪能しつつも、出されたものはすぐさまいただくこと。
そもそも終始たばこを吸わないこと。吸うときは煙の行方に配慮すること。
脂ぎった中年と、光りもの女性のカップルは、たばこの煙をはく際チラシと見るにとどめること。
勘定前に一服すること。覚悟があるとはいえ会計に軽くショックを受けながら店を出ること


書店
当然ですが書店のトイレで一服しないこと。下半身丸出しで悪さをしないこと。
書を持って街に出るなり、人ごみで歩きたばこをしないこと。ガマンできない人は喫茶店に入ること
それからゆっくり一服し、こころの旅に本と出ること


中間管理職
お昼は携帯灰皿を持って出かけること。ごはん代はデフレ時代に深く感謝すること
公園などで、食後の一服を堪能すること、誰も居なさそうでも煙の行方に配慮すること。


アダルトサイト
ちょっとムラッときたら、社内の喫煙スペースで一服し頭を冷やすこと。


キャバクラ
入店後、女の子が来るまでの手持ち無沙汰をたばこでもいじってしのぐこと。
火をつけてもらう際、さりげなく手を触れること。とはいえ吸いすぎないこと


禁煙a8
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!