▼コンテンツ一覧
MENU

タバコはお酒と相性が悪くアセトアルデヒドで二日酔いが悪化

アセトアルデヒドはタバコの煙に含まれており、ニコチンと相乗作用を示して特に青少年のタバコへの中毒の開始と増強に寄与しています。

アセトアルデヒド (acetaldehyde) は、アルデヒドの一種で、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどの別名がある。自然界では植物の正常な代謝過程で産生され、とくに果実などに多く含まれている。

また人体ではエタノールの酸化によって生成し、一般に二日酔いの原因だと見なされている。産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われている。

独特の臭気と刺激性を持ち、自動車の排気やタバコの煙、合板の接着剤などに由来する大気汚染物質でもある。
アセトアルデヒドはタバコの煙に含まれており、ニコチンと相乗作用を示して特に青少年のタバコへの中毒の開始と増強に寄与している。

アセトアルデヒドは添加物としてタバコ製造会社によってタバコにも添加されている。添加される理由としては、アンモニアと同様にニコチンの吸収・効果増幅作用があり、より少量のニコチンで依存性を発揮させるためや、燃焼を促進させる為などがある。アセトアルデヒドはヒトに対して発がん性のある可能性があり、少なくともアルコール飲料の摂取によって体内で生じるアセトアルデヒドには発がん性がある。 お酒と同様タバコの煙にアセトアルデヒドが含まれています。

お酒ではアルコールが、アルコール脱水素酵素によって、アセトアルデヒドになります。
タバコでは燃焼剤が燃えることで発生します。副流煙に多く含まれることになります。
体内でアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素により、酢酸に代えられます。
お酒を飲んでアセトアルデヒドが発生しているときにタバコを吸うことで、さらに体内のアセトアルデヒドは増えます

アセトアルデヒドのダブルパンチにより、二日酔いを悪化させてしまう、ということです。
人体には元からアルコールを代謝する能力は備わってはいるもの、代謝能力は個人によって違います。

その代謝能力を超えてしまうと二日酔いになってしますのです。

さてアセトアルデヒド脱水素酵素はすべての人が持っているわけでなく、たくさん持っている人、少し持っている人、全然持っていない人の三種類に分けられます。
お酒を飲んですぐ赤くなる人、二日酔いなど、頭痛の起こる人は、アセトアルデヒドが十分分解されないための症状です。

このようなアセトアルデヒド脱水素酵素が少ししかない方や、全然ない方は、アセトアルデヒドが分解されないため、アセトアルデヒドの毒性により、体調が悪くなったり、癌になりやすくなります。

このような方々は、お酒を一気飲みすると、死亡することもあります。
このような方々は、お酒を飲んだり、タバコを吸うと、あるいは受動喫煙で、気分が悪くなったり、頭痛が生じたりします。タバコ臭がすれば、アセトアルデヒドも残っているので症状が出ます。

特にアルデヒド脱水素酵素が全然ない方々は、喫煙所の近くを通るだけで、頭痛が起きます。
喫煙していても、お酒を飲んでも赤くならない酒豪は、長生きします。さらにお酒やタバコは美味しく感じます。臭いも心地よく感じるようです。
お酒の全く飲めない下戸の方は、受動喫煙でも、早く死にます。さらにお酒やタバコを美味しく感じません。

禁煙a8
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!