▼コンテンツ一覧
MENU

タバコのニコチンやタールはやっかいな毒でmgが少なくても体に悪い

タバコのパッケージには、必ず「タール〇mg」「ニコチン〇mg」が表記されていますが、結構数字は気になりますよね。
ニコチンとは?タールとは?
タバコのパッケージには、必ず「タール〇mg」「ニコチン〇mg」と表記されている。
この表記に対して、ある人は「数値が多ければ多いほど、がんになる確率が高くなる」
と言い、またある人は「健康に悪いから1mgしか吸わない」と言う。

大多数の人が、「タール」と「ニコチン」は体に悪いと思っているようだ。
それはもちろん間違いではない。

ただし、「ニコチン0.8を0.1に変えてるし、害は8分の1に減ったと思っている」と脳卒中に罹ったのにもかかわらず、卒煙できなかった人もいます。
パッケージに書かれた表示を見て、素朴に害が減らせると信じている人がまだ多いようです。

そこで私たちは、男性喫煙者458人でニコチン表示と実際に取り込むニコチン量との関係を調べました。結果表示が10分の1でも取り込みは10分1にはならず、特に、依存が強い喫煙者では通常のタバコと取り込む量はあまり変わりませんでした。皆さんの期待とは大違いですね。

喫煙者には自分の必要とするニコチンの量があり、無意識に吸い方を工夫してニコチンを必要量まで取り込んでしまうのです。どうか表示に惑わされないようにしましょう。

「ニコチン」は法律で毒物に指定されているし、「タール」も肺にこびりついて、がんの原因となっている。
だが、そのような漠然としたイメージはあっても、具体的に、体内や脳内でどういう変化が起こり、どれくらい体に悪いのかということは詳しく分からないという人も多いのではないだろうか。
ここでは、「ニコチン」や「タール」の働きについて詳しく見ていきたい。

依存性物質「ニコチン」
タバコの煙の中には、4000種類以上の化合物が含まれており、これらは「ガス状物質」と「粒子状物質」に分けられる。
このうちの「粒子状物質」に含まれるのが「ニコチン」や「タール」だ。

フィルターを通して体内に入ったニコチンは、血流を通して全身に回り、最後は脳に到達する。
取り入れてから脳に届くまでの時間は約7秒だ。

その7秒の間に、二コチンはさまざまな影響を身体にきえているのである。
1つは、大脳(中枢神経糸)への刺激だ。脳からはもともと気持ちを沈静させる「セロトニン」や興奮作用をもたらす「ドーパミン」という神経伝達物質が放出されている。

これを伝達するのは「シナプス」という、神経細胞の接合部位だが、ニコチンは「シナプス」中に存在する「ニコチン受容体」を刺激する。

刺激された「受容体」は、あるときは「セロトニン」、あるときは「ドーパミン」を過剰に放出してしまうのだ。
そのため、憂鬱な気分のときに喫煙すると脳が「覚醒」し、落ち着かないときに喫煙すると気分が「沈静」するのである。
朝の一服で元気に目覚めたり、緊張したときに吸って落ち着くのは、伝達される物質が違うからなのだ。

タール
一般的に「ヤニ」と呼ばれている成分のこと。
フィルターを褐色に染めたり、パイプの中で茶色にべったりたまっている物質のことである。
国際的な定義としては、吸い口側から発生する主流煙の「粒子状物質」の内、水分とニコチンを取り除いたものが「タール」になる。

「粒子状」というだけあって、もともと固体の成分なのだが、熱を与えると液化し、さらに沸点温度を超えると気体に変化するという性質も持っているタバコを吸っているときの火種の部分は、800度前後にもなるため、火のついた葉タバコ中の「タール」は、固体から液体、さらに気体に変化し、主流堙の中に移行して主流煙に含まれた気体のタールは、口腔粘膜から体内に吸収され、血液を循環して肺の中に入っていくのだ。

しかし、肺の中は高温ではない。そのため、いったん気体に変化したタールは再び固体に戻る。そして、固体に戻ったタールは、そのまま肺の中にこびりついてしまうのだ。

よく、「喫煙が体に及ぼす害」として喫煙者の肺の写真が提示されることがあるが、これが必ず黒ずんで映っているのは、「タール」のこびりつきによるものである。

一般的には、こびりついたタールは7〜15年は落ちないと言われ、その間に肺の細胞を弱らせて、これが変成してがん細胞になってしまうことがある。

また、タールが肺の酸素呼吸を妨害することもある。肺は、呼吸しているとき、拡張や収縮を繰り返しているのだが、タールがこびりついているために肺の拡張は抑えられてしまう。そのため、酸素がスムーズに吸収できなくなるのだ。
スポーツ選手が喫煙を禁じられているのは、タールが原因で酸素不足に陥り、息が上がってしまう、というのも理由の1つになっている。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!