▼コンテンツ一覧
MENU

禁煙太りは禁煙ストレスを解消して禁断症状をなくすことが大切

禁煙を始めると、どうしても口寂しくなってついついそこにある食べ物を食べてしまいがちです。そして気がついたら太っているというケースも多いようですが、なかなかやめることはできません。対処法としましては根本的に発想を逆に考えるのです。

むしろスモーカーだった頃の体の状態のほうが「病的」だったわけです。
病気状態ですから、体力が落ちて、その結果体重も落ちます。
タバコを止めて本来の体の状態に戻ることで、本来の体重に戻りつつあるというわけです。つまり健康になっていると考えてよいでしょう!

禁煙したからと言って全ての人が太るとは、一概には言えませんが、一般的に言われていることとして、禁煙することにより…
味覚、臭覚が戻り食欲が増す。
②口のさみしさから、つい食べ物を口にする。
③禁煙のストレスから、食べ物にはけ口が向けられる。
④タバコの有害物質が断たれ、体のシステムが正常に戻る。

だそうです。

禁断症状が出たら、食べ物を口にするのではなくて、お茶やウーロン茶、ただの水を口にすることです。

それだけで、禁断症状が消えています。
ニコチンによる禁断症状はきわめて軽いものです。
15秒我慢して、他の事を始めれば、禁断症状は消えています。

だから、仕事中や、禁煙場所では、禁断症状が出ても、我慢できるのです。
水や、お茶を飲むと自然に、間食もなくなります。
メタボにもなりません。

意識して、水かお茶、ウーロン茶、アメリカン、プレイン紅茶等を飲むようにしましょう。
清涼飲料はだめです。もし飲んだら、その2倍以上の水かお茶を飲みましょう。

タバコをすいたくなったときは気分転換のために、鉛筆とか細長いものを手にしてエアータバコなどもよいでしょう!
氷をなめたり、深呼吸も効果的。ストレス対策としては早めの就寝も大事。

自己流でアレンジして気分を紛らわすことも大切です。
特に食事制限はストレスをためる一方なので、運動によるカロリー消費を心がけましょう!
どうしても、一時的に太る場合もあるのですが、すぐ禁煙ストレスからの暴食も終わり、体が必要とする分だけ食べるように、普通に変わっていくので、あまり敏感にならないことです。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!